営業の後味がキャンセル率を左右する

営業マンとして働いている方々は、商談の効率化についてたまにあるキャンセルで悩んでいます。ある程度営業キャリアが長い方々は、1度や2度はそれで悩んでいる筈です。

というのも一度は営業の契約が成立しても、クーリングオフやキャンセルになってしまう事もしばしばあります。当然それは、営業マンの成績としては計上されない訳です。キャンセル時には、歩合給も無くなってしまいます。

私もそういう悩みを抱えていた時期がありました。しかしある1つの点を心がけたら、キャンセルになる確率が低くなったのです。

というのもキャンセルになってしまう方々には、1つ共通点があります。営業マンと話した後の後味が、あまり良くないからです。

営業マンと話した後には、その人に対する印象や余韻などが残るでしょう。それが良いか悪いかによって、キャンセルになるかどうかも変わってしまう傾向があるのです。

ですからクーリングオフなどが少々多いと感じられる時には、ちょっと印象に注意してみると良いでしょう。