営業セールスの電話を聞いて学んでみる

個人宅に対しては、しばしば電話がかかってきます。時にはセールスの電話がかかってくる事もあるでしょう。

ところで私は営業マンとして働いていた頃は、そういう電話には比較的耳を傾けていました。勉強したいと考えていたからです。やはり歩合給で稼ぎたいとは考えていたので、普段から勉強するのが大切だとしみじみ実感していました。

例えばある時に、私の携帯電話に対してセールスの電話が来たとします。そういう時に、多くの方々は断っている訳です。

しかし営業職として働いているなら、そういう電話は絶好の勉強材料とも言えます。ちょっと時間を割く必要はありますが、ちょっと耳を傾けてみますと、実に勉強になる事が多いのです。

結局学んだことは、丁寧に電話をする姿勢が大切だという点です。雑な電話対応をしてしまいますと、やはり私としても聞く気が失せてしまう事が多かったです。

相手も人間です。雑に対応するというより、やはり心を込めて営業活動を行うことが効率化の方法でしょう。