長年のお付き合いしている企業にこそ法人営業は丁寧な対応が必要

大手企業の法人営業において一番大事なことは、長年に渡って取引してくれている企業にこそ丁寧かつ、迅速に対応することです。特に転勤などで営業担当者が変わった場合などは、これから担当する営業マンにその企業との取引における大切な点や決してミスしてはならないことなど、引き継ぎをきちんとしておかなければなりません。引継ぎがうまくなされていないと、相手企業は「これまでは言わなくてもやってくれていたのに」「今度の担当者は機転が利かない」などと言ったクレームを寄せられる原因となり、最悪の場合、ライバル企業に取引先を奪われてしまう危険性もあります。突然転勤を言い渡され、十分な引継ぎ時間がない場合には、書面で取引先の情報についてまとめておいて次の担当者がスムーズに仕事が始められるような準備を整えておくとか、また相手企業に自分が急きょ転勤になりましたが、次の担当者が責任もってこれまで通り対応させていただきます、と一報入れておくだけでも取引先は自分の会社を重要視してくれているのだという思いになり、少々不手際が起こっても些細な事とみなしてくれる可能性が高いです。法人営業は個人との取引に比べ、売上高にかなり影響を及ぼします。長年お世話になっている企業さんこそ、大切にお世話させてもらう必要があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク